SHARE


アメリカのケンタッキー州にあるレキシントンで二人組のアーティスト、 Caitlind r.c. Brown and Wayne Garrettが5500個の電球を使って月のインスタレーションを制作しました。ただ月を模しただけじゃなくて、ちゃんと月の満ち欠けが表現できるようになっています。

20150218moon02

月の球体の半分の電球が光るようになっていて、下のハンドルを回すとそれに合わせて、点灯している部分が動く仕組みです。

20150218moon01

ハンドルをグルグル回して月の満ち欠けを楽しむ子ども達。みんな目を輝かせて回しています。

月の満ち欠けの様子は、こちらの動画をご覧ください。

NEW MOON: an interactive moon sculpture by Caitlind r.c. Brown & Wayne Garrett from Caitlind r.c. Brown on Vimeo.

20150218moon03

手が届くお月様は、大人も子どもも楽しめる体験型のインスタレーションです。きっとみんないろんな想いを馳せながら楽しんだのでしょうね。

New Moon: An Interactive Light Installation Made from 5,500 Repurposed Light Bulbs[Colossal]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense