ちょっと変わった演奏法で「エリーゼのために」を奏でる男の子を発見! その名も「samuraiguitarist(サムライギタリスト)」です。

テーブルの上に並べた5本ものギターを駆使し、ベートーヴェンの「エリーゼのために」を奏でます。

2015-02-17 16

一つひとつの弦を滑らかに弾きながら、繊細に弾いていきます。

まるで、ギターの弦がピアノの鍵盤のように見えるほど! とても優しく、ロマンチックな音色です。

動画はこちらです。

画面一番右に置いてあるギターは、演奏終盤の和音専用のためにあるようなので、実質は5本というより4本で弾いています。どうやら、変則チューニングとカポタストを利用して、音を合わせているようです。

カラーリングが少しずつ違うギターが並ぶ姿も、アートですね。

こういったギターが発展して、いくつものギターが一つになったようなピカソギターや独創的なギターパフォーマンスで知られるマイケル・アンジェロに辿り着くのでしょうか。

この他にも、ギターでダブステップを弾くおもちゃの銃でギターを弾くサーフィンしながらギターを弾くなど、変則的な演奏を行う人がいますので、気になった方はどうぞ。

今までにあったものを独自のスタイルで解釈して、新しいものを生み出す…。個性的でとても素敵ですね!

5本のギターで『エリーゼのために』を弾く孤高のサムライギタリスト [kotaku]

text by ナガソクミコ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking