SHARE


うん、これは落ち着いたイメージだ。

KFC(ケンタッキー・フライドチキン)といえば、創業者のカーネル・サンダースのイラストと「赤」のイメージでファミリーや若者も入りやすいファストフードです。

150217ECKFC-Aus-Concept

そんな中、オーストラリアのシドニー郊外にあるParramattaという都市に試験的にオープンしたのが、「働く大人」をターゲットに作ったKFCのコンセプトショップ。

150217ECKFC-Aus-Concept1

店内はウッディなインテリア、黒を基調としたメニュー表示が特徴です。「○○バーガー」と注文するのではなく、ハンバーガー、ラップサンド、ボウルから自分の好きなものを選ぶことができます。チキンの種類、フレイバーも選べるので、自分好みのメニューを探すのも楽しそう!

リカーライセンスを取得してアルコールを提供することも視野に入れています。今後、お客さんの反応がよかったら、オーストラリアにこのようなコンセプトの店舗を増やしていこうと計画しているのだとか。

アルコールが飲めるようになると、今までのイメージとはガラッと変わりそうです。大人向けのKFC、日本にも上陸したらよいですね。

KFC Concept Store Targets Working Adults in Refined Style [psfk]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense