SHARE


オトナの社会では、実にたくさんの会議や打ち合わせが開かれるもの

数が多くなれば、内容やプライオリティにバラつきが生まれるのも道理です。よく言われるような「形式的」だったり「退屈」だったりする会議も仕方がないのかもしれません。

でも、これって日本だけなんでしょうか?

イギリスのデザイン会社DUFFY LONDONが手がけた、こちらの会議用テーブルを見る限り、そうとも言えなさそうです。

150216KingArthur2

The King Arthur Round Tableというウィットに富んだネーミングのラウンドテーブル。騎士道物語『アーサー王物語』でキャメロットの城にあった、あの円卓ですね。

注目すべきはイス

150216KingArthur1

なんと、ぶらんこなんです。

デザイナーのChristopher Duffyさんは「これに座ればすぐにオープンになって、座る人の姿勢が変わり、そして笑顔になるよ」と語っています。面白いとは言えない会議も、楽しげな雰囲気になりそう。思わぬアイデアが飛び出してしまうかも?

150216KingArthur3

1万ポンド以上する高価なテーブルですが、これまでIT系やクリエイティブ系の会社が多く購入しているそうです。

150216KingArthur5

4人用のものや、バーカウンタータイプもあります。

150216KingArthur4

こんなバーなら行ってみたいですね。

150216ECKingArthur

今日も遊び心を忘れずに!

[DUFFY LONDON]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense