SHARE


白くてフワフワで、思わず口に入れたくなる雪。食べたことありますか?

米国のサイエンス誌『Popular Science』で、オレゴン州立大学の地球海洋大気科学学部Anne Nolin教授の言葉が紹介されていました。それによると、意外にも雪はほとんどの場合、飲料水と同じくらい清潔なのだそうです。

雪片は、雲から地面までに落ちてくる間に、ちりや花粉の粒子を囲んで氷晶が形成されて、沈着という過程を経てできあがります。これは通常の呼吸で体内に取り込むのと同じ微粒子だから大丈夫、というわけです。

煤煙やその他の大気汚染物質を取り込む可能性も、雨と比べて低くなっています。もちろん地面に接して土が付いていたり、降った後に長い時間が経って表面に埃や泥がついていたりしたら、食べちゃダメですよ。

食べるなら、降りたての新雪が良さそうです。Nolin教授はバーモント州にいた頃、温かいメープルシロップをかけた雪を「とっておきのお楽しみ」としてよく食べていたのだとか。新鮮な雪を見つけたら、一度は試してみたいですね。

IS IT OK TO EAT SNOW?|Popular Science
雪を食べても大丈夫? 専門家の見解 [ライフハッカー[日本版]]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense