SHARE

木材を火に浴びせると燃えて炭になってしまいますよね。きっと誰でも分かることです。

では木の家具に火を浴びせるとどうなりますか。燃え上がって、もう使えものにならない炭になってしまうって思いますよね。

ところが火を浴びせて炭にすることを、家具のデザインに取り入れてしまった人がいるんです。

それはウクライナ人デザイナーのYaloslav Galant(ヤロスラフ・ガラント)さん。

Born 2B Burnというコレクションを彼のサイトで発表しています。

150212burn002

こんがりと焼き上がった仕上がり、ただ黒い塗料で塗ったものとは一線を画しています。

思わず何度も確認するように見てしまいますよね。

150212burn003
150212burn004

本当に火を使って炭にしていますよ。こんな風に黒くしていくなんてすごい勇気です。

150212burn008
150212burn006
150212burn007

ワンちゃんも見守る中、家具を炭にしていく作業。

一歩間違えば燃やしすぎてしまって壊れてしまうかもしれませんね。

しかしそうして調整をしてできた炭の家具の出来栄えは、ぜひともこの目で見てみたいものです。

I LOBO YOU
Yaroslav Galant

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

タイナカジュンペイ

タイナカジュンペイ

あわせて読みたい

powered by cxense