SHARE


ここ数年、世界各国のショコラトリーで続々と誕生している“Bean to Bar”

“Bean to Bar”とは、カカオ豆(Bean)の状態から板チョコレート(Bar)になるまでの全ての工程、選別・焙煎・摩砕・調合・成形を自社で行い製造されるチョコレートのこと。

カカオ本来のおいしさが楽しめるとあって、チョコレート愛好家たちの注目の的です。

150209beantobar-2-2

こちらの写真は、上から時計回りにビーン、カカオニブ、タブレット、ボンボンショコラと、全ての工程を表現したショコラティエ パレ ド オールのセット「Bean to Bar to Bonbon Box」。

先日開催されたチョコレートの祭典 “Salon du Chocolat“(サロン・デュ・ショコラ)では、ワイルドカカオの収穫、発酵、輸送の工程も管理しているデンマークの「オイオラ」、ハンドメイドで多彩なフレーバーを展開するリトアニアの「チョコレートナイーブ」など、ヨーロッパ、アメリカ、南米、日本の20以上のブランドが“Bean to Bar”を出店していました。

あっという間に完売するお店もあり、勢いはまだまだ止まらなそうです。

特にお気に入りはこの3軒。



・フランス発の「Le Chocolat Alain Ducasse Manufacture à Paris(ル・ショコラ・アランデュカス・マニュファクチュール・ア・パリ)」

150209beantobar-3-3

ボンボンショコラも美味しいですが、オレンジ、レモン、グレープフルーツのピール、生姜のスライス(結構厚めです)をチョコレートコーティングしたものや、数種類のナッツをチョコレートコーティングしたものも美味しいです。

味がしっかりわかるバータイプが特におすすめ。



・リトアニア発の「Chocolate NAIVE

150209beantobar-4-4

リトアニアの豊かな食材を生かした蜂蜜やヘーゼルナッツ、豊富な種類のベリーやハーブなど様々なフレーバーが楽しめるタブレット、”Back to the Origins”が人気。

タブレットは今年のバレンタインのトレンドということもあり、「Chocolate NAIVE」は要チェックです。



・ニューヨーク発の「Fine & Raw Chocolate

150209beantobar-5-5

そしてこちらは話題のローチョコレート。ローチョコレートとは、生のカカオパウダーやカカオバターなど精製されていない甘味を加えて作るチョコレートのこと。

ブルックリンのウィリアムスバーグに工場を構えるファイン&ロー・チョコレート・ファクトリーは、ウォールストリートで働いていた男性が、脱サラして立ち上げた、グルメでヘルシーなローチョコレートを生産するブランド。 2012年末に工場をパブリックに向けてオープンしたことで、大きな話題となりました。

パッケージもかわいい!



今年のバレンタインのトレンドは、”Bean to bar”、そしてタブレットローチョコレート

各地でバレンタインフェアが開催されているので、この機会に是非、チョコレートの進化を味わってみて下さいね!

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense