SHARE


「どこでもドア」は未だ現実のものとなっていませんが、スノーボードとスキーは2015年、新しい変化を遂げようとしています。

これが21世紀のすごいゴーグル、RideOnです。

150209rideon01

一見すると、普通のゴーグル。でもびっくりするような機能がたくさん搭載されています。

ゴーグルには、広大な自然と妙にマッチした未来的アイコンが映ります。

150209rideon02

RideOnはAR機能をふんだんに取り入れたゴーグルです。便利なだけでなく、スノーボード・スキーをより楽しくする機能が満載。全ての操作は目の動きだけで可能です。

それでは主な機能のご説明。


「ナビゲーションシステム」

150209rideon03

ハイシーズンで慣れていないスキー場だと、サインをよく見ることができないまま、「あー、こっちじゃなかったー!」なんてことよくあります。上級者が簡単なコースに行ってしまうのは問題ないとしても、初級者が上級コースに行ってしまっては命取り

このゴーグルがあれば、初級者コース・上級者コースを表示してくれるので、上手な友達がゆっくりリードしてくれなくても、お互いに自分に合ったコースを楽しむことができます。

スキー場全体のマップも見られて、リフトに乗るまでの待ち時間も表示されます! コース変更も絶えずアップデートしてくれるので、手放せなくなりそう。


「通信システム」

150209rideon04

スキー場ってみんな同じようなウェアを着ています。友達がどこにいるかも一目で分かるので、色を手がかりに滑ってくるのを待っていたら違う人だった、なんて失敗も解決。

150209rideon05

スキー場で使いそうな定型文から選んで、簡単なメッセージを送ったり、声で話しかけることも可能。すれ違いの連続だったゲレンデ。「ロッジで会おう」の一言があれば、安心です。


「ゲーム機能」

150209rideon06

お待ちかねのゲーム機能です。

3、2、1、GO!   のカウントダウンと共に現れるこのトンネル。うまく潜り抜けれたらスコアが入ります。自己ベストを計ることもできるので、毎回ベストスコアを目指して楽しめます。


スキー場の様々なあるあるを解決してくれそうなRideON。痒いところに手が届くゴーグルです。

そうそう、視界の中、右上にLIVEの文字があったことに気がつきましたか? 実はハンドフリーのカメラにもなるんです! 奇跡的なジャンプを残すことや、後からお互い見せ合いっこしてフォーム研究にも使えるかもしれません。

150209rideon07

メンバーに、バーチャル雪玉を投げられるオチャメな機能も。初心者の人に投げるのはやめておきましょう。

クラウドファンディングで目標額に達していますので、商品化されることはほぼ間違いないでしょう。まだ資金調達中なのでお得にゲットするのがいいかも。

RideOn  [indiegogo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense