コーヒーショップの「ゴリラコーヒー」やタフィ専門店の「ソルティロード」など、ブルックリン発のブランドが続々と日本へ上陸しています。

そんなブルックリンには、誰もが知る有名ブランドから将来有望な新規参入店まで、数々のチョコレートショップが存在します。

その中から人気のチョコレートショップを5つご紹介したいと思います。


「MAST BROTHERS(マスト・ブラザーズ)」

マスト兄弟が一念発起して立ち上げたチョコレートブランド、「MAST BROTHERS(マスト・ブラザーズ)」。

彼らがこだわり抜いたチョコレートは、自らの舌で厳選した素材だけを使い、チョコレートに仕上げるまでのすべての工程を自分たちの手で行っています。主原料はカカオとサトウキビのみで、保存料やバターは一切使用していません。イタリアRossi社の包装紙を使った洗練されたパッケージもポイントです。


「THE CHOCOLATE ROOM(ザ・チョコレート・ルーム)」

150207_chici6

併設されるカフェも人気の「THE CHOCOLATE ROOM(ザ・チョコレート・ルーム)」。ホリデーシーズンに限定販売されるホットチョコレートは、ちょっとスパイスが効いて大人の味わいです。

ラズベリーペーストとピーナッツのプラリネをダークチョコレートで包んだ「Peanut Butter & Jelly Bar(ピーナッツバター・アンド・ジェリー・バー)」もオススメです。


「LIDDABIT SWEETS(リダビット・スイーツ)」

150207_choco4

美しいパッケージの「LIDDABIT SWEETS(リダビット・スイーツ)」からは、「 HONEY COMB CANDY(ハニーコーム・キャンディ)」をご紹介します。

なかなかアメリカでは見つけられないこちらのお菓子は、サクサクした食感のハチミツ味の生地をチョコレートでコーティングしたもの。ついパクパク食べてしまいそうな、ひとくちサイズのかわいいお菓子です。


「nunu chocolate(ヌヌ・チョコレート)」

150207_choco3

カカオの産地であるアフリカで、愛情を込めて子供を呼ぶ時に使われる「nunu」と名付けられたチョコレート。リキュールやウィスキー、クラフトビールを使ったガナッシュは、お酒好きなあの人へのおみやげに最適です。

nunu chocolate(ヌヌ・チョコレート)」は、ブルックリンやマンハッタンなど、ニューヨーク各地のいろんなお店で取り扱われています。


「Jacques Torres Chocolate(ジャック・トワレ・チョコレート)」

150207_choco2

ブルックリンで人気沸騰中の「Jacques Torres Chocolate(ジャック・トワレ・チョコレート)」。自然の材料のみで作られたチョコレートは、味だけでなく体にもいいのだとか。

今ならハートのパズル型になったキュートなチョコレートをはじめ、素敵なバレンタインアイテムがラインアップしています。


もうすぐバレンタイン。今年はどんなものにしようかと悩んでいる人は、ブルックリンの創造性溢れるチョコレートショップのWebサイトを見てみると、インスピレーションが湧いてくるかもしれませんよ。

2015年ヒットの予感。人気沸騰チョコレートショップ5選 [MYLOHAS]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense