SHARE


アウトドア、フリーマーケットや学校で、簡易テーブルの脚を折り畳んで、テーブルや机を運んだこと、ありますか? きっと、ほとんどの人が経験したことありますよね。

いくら脚を織り込んで隠しても、それでもまだまだ大きいテーブル。大きければ大きいほど運びにくい原因は、脚より面にあるのです。

そこで一人のデザイナーが、テーブルの脚をデザインしました。

その名もClamp a leg。そう、テーブルの脚です。

150207clampaleg01

家でも学校でも、キャンプ場でも板さえあれば大丈夫。ただの板をあっという間にテーブルにしてしまう脚なんです。

脚の木の部分で調節できるので、板はどんな厚さでもお手の物。

150207clampaleg02
150207clampaleg03

テーブルを持ち歩くより、もうずっとずっとずっと軽い。あの苦労がウソみたいに場所も取りません。

clamp_a_leg_jorre_van_ast_De_Vorm-3f638_eidted

4本持ち歩いても、カメラの三脚を背負う感じとたいして変わらなそう。

商品化、進行中とのこと。気長に待ちましょう。

でもこのアイディア、自分でDIYもできちゃいそうかも。

Clamp a leg  [Jorre van Ast]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense