SHARE


着て楽しい。見て楽しい。

ファッションは着る人をウキウキ、そして、ワクワクさせてくれるものであるべきなのかもしれない。きっと「シキサイ」のTシャツはそれを叶えてくれる。

デザイナーデュオ能登夫妻がこの世に送り出すTシャツシリーズ「シキサイ」。2次元と3次元の遊びを取り入れたシリーズは、思いがけない楽しさがあふれています。

150204ECshikisai1

「ブラインド」。一見、普通のボーダーですが、ヒモを引っ張るとTシャツの裾がスルスルっと上がります。ロンドンのV&Aミュージアム、シカゴの現代美術館、アムステルダムのドローグショップなどでも人気のTシャツ。

150204ECshikisai2
150204ECshikisai3

「泡だて器」。泡だて器の上に角(つの)の立ったホイップクリームが付いています。実は職人さんが一つ一つ生地を裁断して、綿を詰めて、この「つんっ」とした質感を再現しています。触りたくなるTシャツ。

150204ECshikisai4
150204ECshikisai5

「電信柱」。電信柱がデザインされたTシャツ。イラストの中に3本、本物のコードが紛れ込んでいます。さて、どこにあるでしょう。

150204ECshikisai7150204ECshikisai8

「ペンとノート」。胸に本物のサインペンがささっています。ワンポイントにもなり、何かをメモしたい時には実際に使うこともできます。自分の好きなペンをさしてもOKです。

150204ECshikisai9
150204ECshikisai10

「ズック」。右足のイラストの靴紐は本物。ハトメの穴から紐が出ています。結んだり、ほどいたり、ご自由に。

150204ECshikisai6
150204ECshikisai12

「カバン」。右斜め後ろにカバン柄のプリント。 そして本物のD管がついて、ストラップがぐるーっと体を一周している、まるでショルダーバッグを斜め掛けしたようなデザイン。

150204ECshikisai11

「三輪車」。小さい頃に一度は乗ったことがあるはず。ハンドルの部分には本物のリボンが付いています。

どれも遊び心が満載。ねえ、見て見て! 誰かに見せたくなるTシャツ。きっと笑顔もここから生まれる。だって、着る人も見る人もきっとハッピーになるんだもの。

シキサイ by 能登夫妻

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense