SHARE


「デスクの周りのケーブルを一本でも減らしたい」と思うガジェット好きがいるように、「オーディオ周りのケーブルを一本でも減らしたい」と思うオーディオ好きもいるでしょう。

そんなオーディオ好きが目をつけたのが、エレキギターでした。

ご存知の通り、エレキギターはシールドと呼ばれるケーブルをアンプやエフェクターと繋いで音を出します。

そのケーブルを無くしてしまおう。ということで作られたのが「Jack」です。

150130-jack

使い方はとても簡単。まずギターのシールドをさす穴にJackをさす。出力先のアンプや、エフェクター側の穴にもJackをさす。それだけです。

録音等で出力先がPCなら、専用ソフトを入れるだけでOK。Jack同士、またはJackからPCに音を送ってくれるんです。

150130-jack2

音源を送るのはWiFi経由

Bluetoothのように音源を圧縮させない方法に、開発したIngenious Audioはかなり拘ったとか。4年かけて作ったオーディオ専用のWiFiシステムを使っており、音のクオリティにも自信があるようです。

ちなみに、現在kickstarterで出資を募っています。価格が1つ95ポンド(約17100円)からで、順調にいけば5月の配送の模様。日本への配送も対応してくれるようなので、ギター好きの方、オーディオマニアの方、いかがでしょうか。

詳細は、こちらから。

JACK – The WiFi Guitar Cable[Kickstarter]



この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense