最近では美容室で髪を切る男性が増えていると思いますが、理髪店で剃ってもらったヒゲは、自分で剃るよりも深く剃られているような気がした覚えはないでしょうか。

さすがプロの技、といったところでしょうが、理容師さんが使う折りたたみ式の鋭いカミソリがまた格好良いものです。

ところで彼らはカミソリの切れ味を保つため、革砥(かわと)という摩擦で刃先を整えるカミソリ用グッズを使います。

そんな革砥を一般的な安全カミソリ用に作り変えたものが、Kickstarterで公開中の“The Strop”

150130Strop1

毎朝ヒゲをあたり、刃が消耗して切れ味が悪くなってきたら交換するヒゲソリ。

The Stropで刃先を整えることで、同じ刃でも通常の3倍から5倍長く使えることができるそうです。

150130Strop5

こちらのデータでは、1年で26回交換していたところが、6回だけで済んだことが分かります。

130ドルが30ドルで済むというのはお財布に嬉しいですね。

ヒゲソリの刃は、何度か使ううちに自然と刃先が直線でなくなるもの。そのためヒゲが刃の間に挟まったり、肌がヒリヒリするようになって、このあたりで刃を交換する人も多いのではないでしょうか。

150130Strop3

でも、The Stropは刃先を再調整することができるので、同じくらい長く使ったものでも交換した直後のような感覚で使えるそうです。

くるくる丸めればコンパクトになるので、かさばらずに持ち運ぶことができます。

150130Strop4

スタッドを使えばタオルバーへかけるのも簡単です。

150130Strop2

日本からは29ドル(送料込みで44ドル)で入手可能です。ヒゲソリ代を考えると、半年で取り戻せてしまうので、これは見逃せませんね。

ちなみに、うまくヒゲが剃れない時はシェービングジェルの代わりにリンスを使うと良いそうです。以前に理容師さんが教えてくれました。

The Strop [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense