SHARE

「太陽の塔」など数多くの作品を残した画家、岡本太郎

その情熱的な作風は現代でも根強いファンが多く、日本アート界のスーパースターです。

川崎にある岡本太郎美術館では、岡本太郎の作品など常設展が見れるほか、随時企画展が開催されています。

20150130naikan

今回ご紹介するのは、2015年2月3日(火)〜2015年4月12日(日)の期間に開催される「第18回岡本太郎現代芸術賞展」。

この展覧会は、岡本太郎の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を讃えるために設立された賞です。

18回目となる今回は672点の応募があり、27名(組)の作家が入選しました。

18pos_b

新しい作家の意欲的な作品群を見ることができます。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

0218_27_Taro18_taro_okamoto_Yotta

「yotta〈金時〉」

今回、大賞を受賞したのは、現代アートユニット「yotta」による作品『金時』。

薪で石焼き芋を移動販売することができる車で、会期中の土日は実際に鳴門金時を使用した美味しい焼き芋の販売が行われます。

焼き芋のいい匂いがしてきそう! 他にも、絵画や立体などの個性豊かなアート作品が勢揃いです。

また、岡本太郎美術館は広大な敷地面積を誇る生田緑地内にあり、四季折々の自然を楽しむことができます。

20150130gaikan

館内にはカフェテリアなどゆったりできるスペースも。

20150130cafe

ミュージアムショップも充実。お土産物選びも楽しめますね。

20150130taiyou

こちらは、記念撮影ブースです。太陽の塔の真ん中から顔が出せるようになっています。

川崎市岡本太郎美術館に行った際は、ぜひこちらで撮影したいものですね。

今度のお休みは、アートに触れに足を運んでみては?



[Yotta(ヨタ)パフォーマンス──金時のおいしい石焼き芋販売(里むすめ)]
Yotta(ヨタ)が焼き上げた、徳島県産最高級なると金時里むすめの石焼き芋の販売があります。
価格:700円(缶バッチ付) ※1日限定100本。
開催日:会期中 土日・祝日 12:00~17:00
《金時》は土日・祝日 9:30から母の塔の脇に展示されます 。
※焼芋の引換チケットは、ミュージアムショップでお求めください。
他にもイベント多数あり。詳しくはホームページをチェック。



第18回岡本太郎現代芸術賞
開催期間:2015年2月3日(土)〜2015年4月12日(日)
入場料:一般600円
休館日:月曜日、2月12日(木)
会場:川崎市岡本太郎美術館

text by ナガソクミコ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense