佐藤万貴

佐藤万貴

前回こちらの記事で、カナダ、ケベック州のモントリオールの街なかアートを紹介しました。この街でどうしてアートが盛んかというと、やっぱり住んでいる人たちがアートに興味を持っていて、生活の一部として楽しんでいるからだと思います。

そう、モントリオールは家の中もアートでいっぱい。今回はその様子をご紹介します。

20150213_roomie_motreal09
20150213_roomie_motreal10

大抵どこのおうちにも、絵画は飾ってあります。旅先で記念に買ってきたものや、友人あるいは自分が描いたもの、故郷の風景写真、家族写真、ファミリーツリー、なんでもアリです。

難しく考えずに、壁が空いていれば埋める。気に入った絵は手に入れる。という印象です。

150129montreal11

アートを買う人が多いので、絵を売っている街中のギャラリーの数もたくさん。

ギャラリーでは展示替えの時に、オープニングパーティをすることが多いんです。その日は特にお客さんが集まって、振る舞われるスパークリングやフルーツを片手に、友人同士やアーティスト、オーナーとおしゃべりを楽しんでいます。

20150213_roomie_motreal12

こちらは、手作り工芸品の見本市salon des métiers d’art de montréalの様子。陶器やアクセサリーなど、生活に密着にした品々が揃っていました。

なぜモントリオールの人はアートを買うのかと考えてみると、家に人を呼ぶ機会ホームパーティ文化が根付いているからかもしれません。そしてそれは、家が広いのと、冬が長くて寒いのが関係あるのかもしれません。

20150213_roomie_motreal13

ちなみにモントリオール美術館は水曜の夜、展覧会が半額になるので、こんなに混んでいました。

アートは知れば知るほど面白くなっていくもの。どうやって楽しめばいいのか分からない方は、モントリオールの人達のアートの楽しみ方を参考にするのもいいかもしれません。

佐藤万貴

美術史を勉強中の学生です。特にイタリア彫刻を詳しく学びましたが、最近は仏教彫刻にも興味津々です。幸せの8割は美味しい食べ物から。建築めぐりと星景写真撮影も好き。目標は品格のある凛とした女性です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking