SHARE

アートが盛んな街といえばパリ、ウィーン、ロンドンなど色々挙がりますが、実はカナダのケベック州にあるモントリオールも、アートな街を自負しています。

今回は街を歩いて見られるアートシーンをご紹介。いつでも設置されているものもありますし、アートフェスティバルもよく行われます。大抵無料で楽しめるのがいいところ。

若手の勢いのある作品が多く見られるのが特徴で、フェスティバルは友達と一緒に出かけて、お酒を飲んだりしながら気軽に楽しめる場になっています。

壁画は街のあちこちで見つけられます。その理由は、毎年6月ごろにムラル・フェスティバルが開かれ、新しい壁画が描かれから。アーティストがリフトに乗って巨大な壁画を少しずつ描き進めていく様子が見られます。

150129montreal6                                                                

彫像もあちこちにあって、街の風景に溶け込んでいます。上の2枚はモントリオール美術館の彫像、前を通るだけでも楽しめますね。

                                                               

こちらは、駅前にある日出現したインスタレーション。真ん中に道があって、中を通ると両側が鏡になっており、林の中に入ったような感覚が味わえます。

お買い物や通勤で駅を通る人たちが、間を通って行きます。よく分からないながらも、すっかりみんなの生活に溶け込んでいる様子。

                                                               

教会もこんな風にプロジェクトマッピングをしたりと、楽しい場所になっています。

                                                               

見るアートだけでなく、聴くアートも盛んです。夏のジャズ・フェスティバルは特に有名で、この時期は多くの人が観光にやってきます。これもほとんどのステージは無料で聴くことが可能。有名なミュージシャンの舞台は超満員となります。

期間中は毎日何かしら演奏をしているので、帰る途中にふらっと寄って、屋台でビール買って楽しむ人が多くみられますよ。



町中に新旧のアートの散りばめられたモントリオール。日々の暮らしの中に自然溶け込んでいて、気軽に楽しめるものでありつつ、私たちの感性に新鮮な驚きを感じさせてくれます。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense