SHARE


素晴らしい料理をつくる料理人たち。私たちはその料理を食べて感動し、おいしさを味わう。

「ここのお店は本当においしいなぁ」と思ったとき、ふと気になるのは「おいしい料理をつくる人が行く料理店はどこだろう」ということ。

気になるけれど直接質問することは気がひけるし、大胆に話しかけてまで行動する勇気もない。一方で「料理人が通う料理店」なら間違いなく、はずれなく、おいしいお店だってことだけははっきりしている。

Where The Chefs Eat: A Guide to Chef’s Favorite Restaurants」は、そんなちょっとした興味心を1冊にまとめたレストランガイドブックなんです。

150127_Where-Chefs-Eat-A-Guide-To-Chefs-Favorite-Restaurants-2

気になる中身はというと、David ChangJason Atherton、Helena Rizzo、成澤由浩などの世界の料理界でトップを走っているシェフたちが通う、お気に入りのレストランやお店が紹介されています。

150127_Where-Chefs-Eat-A-Guide-To-Chefs-Favorite-Restaurants-3150127_Where-Chefs-Eat-A-Guide-To-Chefs-Favorite-Restaurants-4

ほかにも、600人の評判のシェフたちがオススメしているお店の情報もあり、紹介されているレストランは70ヶ国を超え3,000店以上に及ぶというから、その数の多さに驚き!

お店の基本情報、取材で得た情報はもちろんのこと、シェフたち自身によるコメントが載っているので、安心して紹介されているお店に行けます。

筆者はロンドン在住のJoe warwick。2013年に今回の新作の前身となる「Where Chefs Eat: A Guide to Chefs’ Favourite Restaurants」が発売され、10万部以上が売れているそう。今回は2015年版として発売される予定(2015年2月初旬)なので、早く読んで旅行をするときの参考にしたい!

インターネットでお店の情報は集められる時代。けれど、本をめくって見つけた偶然の出会いも必要なんだと思います。

さてさて、難しいことは抜きにして、「おいしい料理をつくるシェフが食べる料理店」のガイドブックを手にとって、世界中のおいしい料理を食べましょう!

Amazonから購入可能です。

WHERE CHEFS EAT: A GUIDE TO CHEF’S FAVORITE RESTAURANTS[Hi Consumption]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense