通常、時計は秒針、時針、分針と3つの針で成立しているもの。

台湾のデザイナーYenwen Tsengさんが発表したのは、4つの針で構成された時計Big Hands Clock

4つのうち、2つは時針と分針の機能的な役割を果たし、ほかの2つの役割は飾りです。時を刻む度にどこかで見たことのあるモチーフを感じさせてくれるのだから不思議。

150128_big-hands-clock-03

例えば「3時」のときは、ハエのような虫の形。

150128_big-hands-clock-04

「3時50分」にはアイスキャンディー。

150128_big-hands-clock-05

「7時20分」頃にはキュートなハートマーク。

150128_big-hands-clock-02150128_big-hands-clock-06

これまでの時計の概念を変えてくれるような、アーティステッィクな時計。時間が進むたびにいろいろな姿をみせてくれるので、ついつい見入ってしまうかもしれませんね。

シンプルな構造ながらも、そのアイデアが気に入りました。

BIG HANDS WALL CLOCK[Trendhunter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense