SHARE


カッコ悪くなっているハンドルまわりが見違えちゃうね。

ドイツのデザイン会社「stilform」が考えたのは、ハンドル内にバッテリーが内蔵され、フロントランプの役目を果たす『MAGVIS』というプロダクトです。

ハンドルまわりにフロントランプ用のホルダを付けると、ゴチャゴチャしてしまいますがこのデザインであればスッキリ。ランプの盗難なども予防してくれそうです。

20150128_magvis03

ランプの機能を付けない場合は、スマートな充電器としても役に立ちそうです。ナビゲーション用にスマートフォンをハンドルやステムに付けている方は、走行中にスマホのバッテリーを気にする心配が無くなるかも。

20150128_magvis02

中身はこんな感じです。マグネットによってランプの部分がスムースに開閉できる仕組みです。画像を見る限りでは3,600mAhのバッテリーが備わっています。

20150128_magvis04

2014年の『reddot design award』を受賞したこちらのプロダクトはコンセプト段階です。自転車ライフがもっと快適になるように、製品化が待たれますね!

MAGVIS [stilform]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense