砂原 明子

砂原 明子

93

ビルの中のオフィスで働いていたとき、給湯室にはたくさんお世話になっていました。

マグカップにコーヒーメーカーでつくられたコーヒーを注ぎにいったり、カップラーメンのお湯を入れたり、電子レンジでお弁当を温めたりと毎日のように使っていた給湯室。

けれど、席からちょっと遠かったりもしますよね。特に広いビルの中で働いている人にとってはちょっとしたお散歩。給湯室に辿りつくまでには、一度オフィスを出て廊下を歩いて、やっと到着なんてこともあるかもしれません。

それはそれで気分転換になるのですが、忙しいときには億劫なもの。

そうだ。すぐ近くに「給湯室」を作ってしまえ!

そんな考えをかたちにしたのは、ロシアのデザイナーTanya RepinaさんとMisha Repinさん。2人がデザインしたのは、縦に長く細くつくられたコンパクトな「小さな台所」です。

150127_LO LO_Tanya Repina & Misha Repin_solo_1150127_LO LO_Tanya Repina & Misha Repin_solo_4

一番上の段には電子レンジ、コーヒーメーカー、電気ポットなどを置けるスペースがあり、天井部分にはマグカップなどをひっかけて収納も可能。

150127_LO LO_Tanya Repina & Misha Repin_solo_3

一枚板を入れればお皿を置くこともできるし、備品を入れてもいいですよね。

150127_LO LO_Tanya Repina & Misha Repin_solo_2

2番目と3番目の段は引き出し収納。コーヒー豆のストックを入れたり、ティッシュやおはし、カトラリーなどを入れておくのに便利。

150127_LO LO_Tanya Repina & Misha Repin_solo_集合_2150127_LO LO_Tanya Repina & Misha Repin_2

鳥かペンギンの顔を思わせるデザインで、丸く優しい印象。

さすがに水道設備はついていないので、洗い物はできません。しかし、コンパクトにデザインされた「小さな台所」があれば、広くないオフィスにも置けるし、なんといっても席から近くなるので便利ですよね。

ナイスアイデア!

LO-LO is a microkitchen with personality[Contemporist]

砂原 明子

瀬戸内海に面した港町の生まれ。高校卒業後は九州からフランスへ、そして東京。コンサルティング会社を経て、某輸入代理店にて文房具や雑貨のPR・広報を担当。新しもの好きで、マニアックなものに目がありません。中でも素敵な音楽と文房具が好きで、実は母方の実家も小さな町の本屋・文房具屋。日本から世界まで使って楽しい、面白い、文房具・雑貨を紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking