3Dプリントで作る服をといえば、造形物的なものをイメージをする方がほとんどでしょう。

3Dプリンタで出力するものは布ではないので、柔らかいといっても手で曲げられる程度。布のように体のラインに沿わせるのは基本的には無理なお話です。

ならばとても細かいパーツに分けて、組み合わせることで作った服はどうでしょう。

150116-3dd

それが3Dプリンタによって作られた服Kinematics Dressです。

デザインスタジオNervousSystemが作ったこの服は、2279個のパーツが、3316個のヒンジで繋がっていることにより、まるで普通の服のように体のラインに沿わせることが可能。また、着ている人が動けばそれに合わせて形を変えることも可能となるんです。

そう、まるで普通の服のように。

150116-3dd3

さらに素晴らしいのは、2279個を手作業で頑張って組み合わせたんだろうな…と思いきや、実はすべて完全に一体成型で作られていること。

150116-3dd2

その秘密は、ヒンジで折り曲がる構造。3Dプリンターで一回でプリントできるよう、ヒンジ部分で折り曲げ、小さくなるようなパーツの構成と形状に計算されているんです。

動画を見ていただくとよくわかりますが、1回でプリントすれば、あとはヒンジ部分に詰まっているカスをひたすら取り除く作業が中心。カスさえ取り除いてしまえば、もうそのままドレスになってしまうんですね。

このデザインスタジオでは、Kinematics Dressで使われている三角形のパーツを組み合わせてデザインできるアクセサリー等の設計用ソフトウェアも公開しています。

Kinematics Dressもそのうちアップデートされるとのことなので、気になる方はそちらを試してみてもいいかもしれません。

Flowing 3D Printed Plastic Dress[Fubiz™]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking