デンマークのRoyal Danish Academy of Fine Artsの卒業生であるJonas EdvardさんとNikolaj Steenfattさんが注目した家具を作るための新しい素材。

それが「海藻」。

海藻と紙から作られた新素材でイスやペンダントランプを作ってみたそうです。

150123ECseaweed-material1

海藻に含まれるアルギン酸の粘着性と接着性を利用した「海藻から作られた糊」を使用して紙を接着することで、まるでコルクのように頑丈で耐久性のある新素材が生まれました。

150123ECseaweed-material2

イスやペンダントライトのの色は、海藻の種類によって茶色からライトグリーンまでのさまざまな色を作ることができます。

海藻は、もちろん海の中にもありますが、世界中の海岸線に打ち上げられているもの。

それらを使うことで、木を切り倒すことなく、「誰もいらないもの」からサステナブルな家具を作ることができます。

今後、もしかしたら、家具以外でも海藻の糊が活躍する場面があるかもしれませんね。

海藻由来の新しい素材は、地球にとてもやさしいのでした。

Seaweed and paper combine to create furniture [dezeen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking