砂原 明子

砂原 明子

33

北アメリカ大陸の五大湖のうちの1つ、ヒューロン湖。世界でも4番目に広い面積をもつ巨大な湖です。

そのスケールの大きな湖を目の前につくられたのは、日本人にも愛好者の多いサウナGrotto Sauna

150120_Sauna Grotto_Partisans_2150120_Sauna Grotto_Partisans_8

大自然の中で耳にするのは、鳥の声や、風の音だけ。普段耳にしている車の音、テレビの音といった雑音が一切遮断された空間です。

そんな環境の中でサウナを体験できること自体が、贅沢なひとときであることは間違いないのですが、加えてそのサウナが温かみのある木で造られ、最高の居心地を楽しめるように設計されたサウナ小屋とくれば、文句のつけようがありませんね。

150120_Sauna Grotto_Partisans_13

座る部分、壁、窓、すべてにおいて曲線を意識したデザインとなっている室内。

150120_Sauna Grotto_Partisans_11150120_Sauna Grotto_Partisans_6

たくさんの汗をかきながら目にするのは、情緒的な湖の景色。

どこに座っても外の景色が楽しめるよう、数カ所に窓が設けられています。

150120_Sauna Grotto_Partisans_5

天井窓からは空の星を眺めながら、一汗かくなんて贅沢

このサウナはカナダのトロントを中心に活動しているデザイン事務所「Partisans」と木工所「MCM」が協力してつくりあげたもので、個人で所有している島に設置されているそう。お金を持っているからこそなし得る、贅沢な環境と空間…。

一度でいいから、こんなサウナに入って、何も考えずにゆっくりと時間を過ごしたいですね。

Partisans’ lakeside Grotto takes the edge off traditional sauna design[Wallpaper]

砂原 明子

瀬戸内海に面した港町の生まれ。高校卒業後は九州からフランスへ、そして東京。コンサルティング会社を経て、某輸入代理店にて文房具や雑貨のPR・広報を担当。新しもの好きで、マニアックなものに目がありません。中でも素敵な音楽と文房具が好きで、実は母方の実家も小さな町の本屋・文房具屋。日本から世界まで使って楽しい、面白い、文房具・雑貨を紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking