SHARE


1年のうちほとんど毎日、家族のために食事を続ける主婦が一番イライラすることは、作らなくちゃいけないことよりも、むしろ、旦那さんや子供からの「なんでもいいよ

イライラを減らすためにこれからは、もう聞かないと決めるのもひとつの手です。

じゃあ、どうやって今日のメニュー決める? そこで使うのが料理の特別サイコロ、Foodie Diceです。

150119foodiedice01

1:調理法
2:タンパク質
3:炭水化物
4:調味料
5:付け合わせ
6:季節の野菜

とカテゴリーごとに6つの選択肢。

150119foodiedice02

(日本人の私たちは、もうひとつキューブを作ってお醤油など日本の調味料を加えたいところではありますが…)

例えば、サイコロが

「焼く」「チキン」「キヌア」「ディル」「アスパラガス」「ガーリック」

150119foodiedice03

と出たならば…

こんな一皿のできあがり。

150119foodiedice04

186,000通りもの組み合わせが出来るそうなので、本当にこのサイコロの通りに調理をすれば、1年に同じメニューを2度と出さないことだって可能。少なくてもそれだけのアイディアはくれるということです。

実際に使うことを考えると、たとえば、炭水化物と調味料だけ決めたら「じゃあ、あれにしよう!」となることが多いかも。欲しいのはちょっとしたヒント「よし! 今夜はそれでいこう」と背中を押してくれる決め手だったりするのです。

時々はサイコロの通りに作ってみて、味の冒険も忘れずに。

お休みの日はサイコロを降ってから家族で一緒にお買い物に行くのも楽しそう。日本人にはまだあまり馴染みのない食材もたくさんあるので、新しい”我が家の味”もできますね。

季節の野菜を食べる習慣がつくことや、べジタリアンやヴィーガンに対応しているのも嬉しい。

150119foodiedice05

ひとつ、Foodie Diceを使ったら、何が出ても絶対に文句を言わないことをルールといたしましょう。

中身は同じですが、置いてかわいいジャータイプと、場所を取らないポーチタイプに、サイコロでカクテルを作るMixology Diceもあります。

米国アマゾンから購入できますよ。

FOODIE DICE

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense