一見、岩にしか見えないこの物体、何だと思いますか?

実はこれ、アルプスに作られたひとり用の山小屋なのだそう。ヴェルビエの野外彫刻公園内の住宅開発事業の一環として、スイスの設計スタジオ「Bureau A」により設計・施工されました。

その名も「アントワーヌ(Antoine)」。スイスの小説家シャルル=フェルディナン・ラミュが、『アルプス高地での戦い(Derborence)』で描いた主人公の名前に由来しています。

150119_bouldercabin1 150119_bouldercabin2 150119_bouldercabin3

中をのぞくと、折りたたみ式のテーブルやイスがあり、アルプスの寒さをしのぐストーブも完備しています。

150119_bouldercabin4

雪がつもったら、ますます本物の岩と見分けがつきませんね。

Bureau Aによると、“見つけた人は自由に入って隠れることができる”そうです。(誰から隠れるのかは謎ですが…。)

かくれんぼをしてここに隠れたら、いつまでたっても見つけてもらえる気がしません。

以下の記事では製作過程の模様も紹介されていますので、ぜひあわせてどうぞ。

人間、岩になりたい時もある [ギズモード・ジャパン]

text by 野本 纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense