SHARE


前回3種類のコーヒーが淹れられるEvolve3.0をご紹介しましたが、今回はもう一つ別の、オールインワンなコーヒー器具をご紹介します。

Cafflano® Klassicは、コーヒー豆を挽いて、そのままドリップできて、そのまま飲めちゃうタンブラーなんです!

150118cafflano2

コーヒーをドリップするにはこんなに器具が必要。豆を挽くためのコーヒーミル、お湯を注ぐためのポット、湯量を測るための計量器に、ドリッパーとタンブラー。

ですが、Cafflano® Klassicは、一見普通のタンブラーに見えますが、この5種類の器具すべてが詰まっているタンブラーなんです!

150118cafflano3

上蓋には穴が開いており、これはお湯を細く注ぐためのポットに早変わり。飛び散らないように蓋も付いているミニグラインダーがついていて、30gのコーヒー豆が一度に挽けます。

グラインダーの下には直接ドリッパーがありますので、挽きたてそのままのコーヒー粉がドリッパーに落ちる仕組み。最後にはタンブラー。そのままドリップコーヒーを受け止めてくれます。

150118cafflano4
150118cafflano5150118cafflano6150118cafflano7

ハンドドリップ中のコーヒー、ドリッパーに残った最後のコーヒーは、エグ味や苦みが残っているので、その残りのコーヒーが落ちきらないうちに早めにドリッパーを下ろすのがコツ。すごい!と思ったのは、ポット代わりになっていた上蓋に、最後はドリッパーを戻せるというところ。細かいところまで便利な設計です。

余計な器具は一切不必要。洗い物も少なく済みますし、なんといってもコンパクト、そして無駄な動きがなくそのままコーヒーを淹れられる素晴らしいデザインですね。

キックスターターでスタートしたCafflano® Klassicは、予定金額を大きく上回って終了しています。しかしコーヒーフェアなどで大盛況ということもあり、今後商品化が期待されている模様。

近いうちに市場に登場し、人気になること間違いなしな新しいコーヒー器具になりそうです。

[Cafflano® Klassic]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense