ニューヨークで活躍する、おもちゃデザイナーで彫刻家のJoseph Reginellaさんが、2歳になる甥っ子のために制作したプレゼントは、ちょっと見た目がスリリングなベッド。

150118jaws-05

そう、あのスティーブン・スピルバーグ監督の映画『Jaws』をモチーフにしたベッドなんです。

まるで船の中の赤ちゃんがサメに食べられているかのよう。映画の中ではハラハラするようなシーンだけど、こうしてベビーベッドになると、とてもユニークで面白いですね。おもちゃデザイナーならではの発想です。

150118jaws-04
150118jaws-03
150118jaws-02

船まで含めるとそこまで大きさを感じませんでしたが、サメは大人を口の中に入れられるほどの大きさ。きっと、実物はもっと迫力があるんだろうなぁ。

150118jaws-01

ちなみにこのベビーベッドを作るときに参考にしたシーンは、強情な漁師のサム・クイントがサメに食べられてしまうシーンなんだとか。

どうしてあのシーンを参考にしたのかな…もしかすると「食べてしまいたいほど可愛い甥っ子へ」、というメッセージが込められているかもしれませんね。

Uncle Makes Jaws-Inspired Crib For His 2-Month-Old Nephew[boredpanda]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking