ヨーロッパの西の端に位置するポルトガルの首都で、西ヨーロッパ最古の都市ともいわれるリスボン

その中でもひときわ歴史情緒あるモウラリア地区に、ヴィンテージタイルを扱うお店が新しくオープンしたそうです。

150117Lisbontile8

その名もCortiço & Netos。Cortiço兄弟が4人で営むストアです。

150117Lisbontile7

もともとは、祖父が行っていたタイルのビジネスを受け継いだ形で開店したそう。

お店に入ってまず目に入ってくるのが、天井に届きそうな高い棚にずらりとディスプレイされたヴィンテージタイルの壁。壮観ですね。

150117Lisbontile6

最近発売しはじめたアイテムでぐるりと囲んでいるようです。

よく見ると、それぞれに異なる色やデザインのパターンが印象的。

150117Lisbontile2

これらは祖父のJoaquim Joséさんが30年以上にわたるビジネスの中で、蓄積されていったコレクションなんだそう。

タイルの持つ表情を引き立たせるために、店内は装飾を抑えたシンプルなデザインに。

150117Lisbontile5

居心地のよさそうな、とても素敵な空間になっています。

ストアの売上はコレクションの維持やタイルの普及活動にも使われています。また彼らはポルトガルの大学機関と連携し、伝統的なタイル作りの研究も行っているんだとか。

150117Lisbontile3

自分のお気に入りのパターンも見つけられそう。

150117Lisbontile1

リスボンに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

[Cortiço & Netos]
Lisbon tile trader Cortiço & Netos uses vintage stock to pattern shop walls [dezeen]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense