SHARE

今も昔も、『アイドル』の存在は時代を表す人として、日本社会のみならず世界中で進化し続けています。

そんなアイドルの様相に注目し、作品として世に送り出すアーティストLEE KAN KYOさんの個展が現在開催中。

1218_LEE KAN KYO_poster_B4

増殖していくアイドルをテーマに、約400個のバッチを使って制作された作品『あの子のバッチ』。

LEEさんは、この作品でリクルート社が主催する第10回グラフィック1_WALLのグランプリを受賞しました。

メディアで大量に生産、消費されるイメージを、独自のスタイルによってグラフィック作品や、パフォーマンス作品で表現しているそう。こちらが彼の作品の一部です。

150116LEE03150116LEE01150116LEE04

2007年に台湾から来日したLEEさんは、東京造形大学グラフィックデザイン専攻に編入後、同大学院に進学。

日本の生活の中で、同年代の女性達が、同じ衣装を身に纏い、画面の中で溢れんばかりに並ぶ光景を目にし、増殖していくアイドルをモチーフにしたシリーズ作品の制作をスタートさせました。

一見、華やかなステージの上に立つアイドルの輝く姿を描こうとするポップな作品に見えます。しかし、シリーズを通して作品を捉えると、メディアの中で消費されていくイメージの無限の広がりと反復など、現代社会の一断面を垣間見ることができる作品になっているのです。

大きな夢を見るには、大きい枕がいい。

新作「HOLD ON あの子!」は愛を込めて、時代の波に乗っているあの子たちをフワフワリッチな抱き枕にしました。今回の個展では、今までの作品に加え、「あの人たち」、「あの子のバッチ」、「HOLD ON あの子!」のLEEのアイドル三部作を中心に発表します。是非会場で、等身大の彼女たちの感触をお楽しみ下さい。

LEE KAN KYO

架空のアイドルをモチーフにした等身大の抱き枕約13体のインスタレーション作品「HOLD ON あの子!」とともに、これまでにLEEさんが制作してきたアイドルをテーマとした作品を中心に発表するとのこと。

大量の色彩と架空のアイドルの肖像が渦巻くLEEさん独自の世界観に、ひたってみてはいかがでしょうか?



[第10回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展]

LEE KAN KYO展「ドリーム・あの子(Don’t Stop)」

期間:2015年1月13日(火)~1月29日(木)日曜休館
営業時間:11:00a.m.~7:00p.m.
入場料:無料

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-5
ヒューリック銀座7丁目ビル(リクルートGINZA7ビル)B1F ガーディアンガーデン

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense