SHARE

電車やカフェ、いろんなところでみんな当たり前のように携帯電話やスマートフォンをのぞきこんでいます。

そんななかで「ひとりあそび」が絶滅の危機に瀕していると思いませんか?

150114HitoriJouzu_01

クリハラタカシさんの「みんなのひとり上手手帖」は、あらゆる物事とイメージの力を使ってひとりで楽しむ知恵を集めた手帖。

150114HitoriJouzu_03

たとえば、「車窓に忍者を走らせる」、「汁に浮いた油をつなげる」、「タイルの線を踏まずに歩く」、「電車で前にいる人を寄り目で分身させる。さらに、はなれて座ってる2人を分身させて合成する」「指に顔を描くといとおしい」、「電球のヒモをフーッ!と吹いてゆらす。(顔に当たったら負け)」、「ホチキスの針でチェーンをつくる」、「美人をチラチラ見る人をチラチラ見る」などなど。

150114HitoriJouzu_02

いま何かないかな? と思ったときには、巻末にシチュエーション別逆引き辞典が載っています。

電車でやるひとり上手、お風呂でやるひとり上手、小道具を使うひとり上手、アウトドアひとり上手、脳内でやるひとり上手などなど、いつでもどこでもひとりあそびを楽しめます。

150114HitoriJouzu_04

手帖のタイプは、赤(スウェード調)と黒(まるで本革)と緑(学生手帖風)の3種類。

携帯電話がなかったときは、みんなこうしてひとりを楽しんでいたはずです。携帯電話やスマートフォンを少し横に置いて、ひとりで楽しんでみませんか?

読むだけでも、思い出し笑いのようなおかしさがフッと出てしまいます。

ご購入はこちらからどうぞ。

『みんなのひとり上手手帖』ナナロク社

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense