ゲームの世界で、主人公になりきって冒険してみたい。

そんなゲーム好きの夢を限りなく叶えたのが、ドイツのマーカス・ポーセンさんです。

こちらは、彼がMMO(大規模大人数参加型オンラインゲーム)のスペース・アドベンチャー・タイトル『Elite Dangerous』を満喫するために、自宅に作ったオリジナルのコックピット。

3台の大型プロジェクターに加え、タッチスクリーンのサブモニター、音声認識ソフト、ヘッド・トラッキング・システム、ジョイスティックなどなど、ありとあらゆるものを詰め込んで、宇宙空間を航行する準備を整えたのです。

ここまで来ると、現実と仮想空間との境目が、曖昧模糊になってしまいそう。

以下の紹介記事も、ぜひあわせてどうぞ。

超絶うらやましい…!! 史上最高にスペースシップ・ゲームを操縦する方法 [コタク・ジャパン]

text by 野本纏花

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense