SHARE

近年大きな建物などを使ったプロジェクションマッピングがよく話題になります。暗闇の中でのダイナミックなパフォーマンスが、とても感動的です。そんな中アーティストのFriedrich van SchoorとTarek Mawadさんは森を使ったプロジェクションマッピング「bioluminescent forest」を制作していますよ。

制作にかかった期間は6週間。一般的に見るようなものとは違い、静かな迫力を感じます。

150108projectionmapping-11
150108projectionmapping-02
150108projectionmapping-08

森のなかの生き物も、鮮やかな光をまとって神秘的です。クモの巣は雨に濡れたところをイメージさせるような美しさがありますね。

150108projectionmapping-10
150108projectionmapping-05
150108projectionmapping-07

じわじわと光るキノコ。テーマパークのアトラクションの中みたいです。

150108projectionmapping-12
150108projectionmapping-01

燃えるように光る葉や木。映画に出てくる魔法使いの森みたいで、今から何かが始まる予感がしてきませんか?

こちらの動画ではbioluminescent forestのメイキングムービーが見られます。特にカエルやイモムシなど生き物のシーンは、動きまわることもあって大変そうです。

まるで生きる森を見ているようなbioluminescent forest。大きな壁を使ったプロジェクションマッピングも見応えがあって面白いのですが、静かなプロジェクションマッピングも違った迫力がありますね。プロジェクトの詳細はこちらからどうぞ!

van schoor + mawad project light effects onto bioluminescent forest[designboom]
bioluminescent forest

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense