SHARE

この世には情報があふれている。

ニュースはもちろん、趣味や生活に役立つ情報、遠く離れた友達や何十年も会っていない友人の近況も、リアルタイムでわかる世の中になりました。

そんな訳で日々の生活にプラスして、ネット上での生活もとても大きな比重を占めるものとなっていますよね。だからこそ、「ソーシャル疲れ」を感じている人もいるかもしれません。

そんな中、2014年にちょっと面白いサービスが始まっていましたよ。

みなさん、「ShortNote」をご存知でしょうか。

140108ECshortnote3

「ShortNote」は、覚書やメモとして使ってもよし、Twitterのようにちょっとつぶやいてもよし、日頃思っていること、思いついたことをしっかりと綴ってもよし、ポエムや小説を書いてもよしの自由で、なんだかちょっと楽しそうな空間となっているようなのです。

140108ECshortnote2

例えば、「友人と繋がる用」、「ポエムを綴る用」、「毒を吐く用」などと、1度に3つのアカウントを持つことができるので、使い分けることもできます。本名や個人情報の開示を求められておらず、言わば、自分を知らない人たちが集まる場所で、自由に書く。ただそれだけのシンプルなサービスです。

ブログと違って、タイトルだってつけてもいいし、つけなくてもいい!

ブログだと一生懸命更新しなくちゃいけないし、ある程度の「面白さ」や「役に立つ情報」を発信したり、SNSだと知り合いと繋がっているため、「よい人である面」や楽しい生活を見せなくてはいけないこともあったりしますが、ここは言いたい時に言いたいことを言える場所。

ハートをつけたり、フォローして、ある人の投稿を追うこともできるけれど、自分が放った言葉に対して、道行く人が目にとめて何か反応を返してくれるかもしれないし、そのまま独り言として流れていくかもしれない。自由気ままにテキストを書くことができるのです。

140108ECshortnote1
パソコンはもちろん、「スマートフォン向けブログ風投稿サイト」というだけあって、スマートフォンやタブレットから気軽に書けるのがよいところ。

新しいサービスということもあるかもしれませんが、ユーザーのみなさんもなんだか温かい雰囲気のような。

Twitter以上ブログ未満・・・いえいえ、まったく別の息抜きのできる新しい場所。

ここには自由がある!かもしれません。

どこかに何かを書いておきたい。吐き出したい。ちょっと誰かに伝えたい。

そんな時にちょうどいいサービス。

ちょっと興味がある、ソーシャル疲れを感じる、新たな居場所を探している。

そんなみなさんは、是非、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ShortNote

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense