我々のスマートな生活を支えてくれる電波塔。

テクノロジーが進化する中でも、私たちの日常はアナログに支えられていることを思い出させてくれる、こちらのビデオをご覧下さい。

アメリカのサウスダコタ州にそびえるこのテレビ塔はなんと約450メートル(1500フィート)。ちょうど東京スカイツリーの第二展望台と同じくらいの高さです。

Kevin Schmidtさんは、頂上に一つだけ備え付けられた電球を交換するために、この450メートルを自力で登っていきます。

20150105ground

地平線に畑が広がる、サウスダコタの風景。

20150105swimmingly

落ち着いたペースですいすいと登っていきます。背景の建物がどんどんとミニチュアサイズに。

20150105safety

頂上に近づくとはしごが終わります。ロープを使って安全を確保しながらすいすいと登っていくKevinさん。

20150105almost

頂上近くから望むサウスダコタの地平線。ビデオは色んな角度から景色を見せてくれます。

20150105top2

頂上に辿りつくと、パカッとフタを開け電球をキュッキュッとひねり交換します。

広大な畑を背景に、なんともアナログな作業が微笑ましい。

20150105selfie

交換が完了すれば、もちろんセルフィーを撮ります。

思わず息を飲んでしまう光景ですが、広大な自然はなんだか心をなごませてくれます。満員電車で疲れてしまった方、ぜひこちらのビデオをご覧下さい。

1500′ TV Tower [YouTube]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking