SHARE

授業中、退屈になるとつい始めてしまうラクガキ。余白に好きなキャラクターを描いたり、歴史上の偉人にちょっとイタズラしてみたりと、授業そっちのけで夢中になってしまうこともしばしばです。

本来ならそんな生徒を見つけたら注意するのが先生の役割ですが、たまには一緒になって遊んでくれることだってあるんですよ。

150105drawing-10

こちらはタイの学校でテスト中に描かれた未完成のラクガキを、先生が完成させたもの

最初は生徒たちも単なるテスト終了までの時間潰しとしてラクガキをしていたのですが、先生が書き足してくれると知ってからはラクガキをする生徒が増えたんだとか。みんな、先生がお返事してくれるのを楽しみにしているようです。

150105drawing-08

何かのキャラクターを描いても、先生の手にかかればユニークな作品に。

こんなヒラヒラの格好でアイスホッケーしている人なんかいませんって、先生!

150105drawing-07

可愛い2人が体を動かしている絵を描いても、たちまち相手を食べてやろうと追いかけているちょっとホラーな作風に。

150105drawing-09
150105drawing-05

ほんわかした感じにアレンジしたバージョンもあります。

この先生、かなりレパートリーをお持ちのようですね。

150105drawing-02

ポケモンなどキャラものにだってされてしまいますよ。発想力が本当に豊かだなぁ。

その他の作品は、こちらから見ることができます。

こうやって生徒と交流をはかれるのは素敵なことかもしれないけど、丸付けする先生もだんだん大変になってきそうです。そのうち、満点をとったらご褒美のラクガキとかになったりして。でも、生徒が勉強に励むきっかけになってくれたら、それは喜ばしいことですね。

This Teacher Hilariously Finishes The Doodles Of His Students[boredpanda]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense