SHARE

page_title_2

2015年1月13日〜2月25日 代官山 蔦屋書店にて、ルーミーフェアを開催。フェアを彩るアイテムをご紹介します。
※2015年2月末に終了しました

キミが喜びに溢れる瞬間も。キミが悲しみ傷つく時も。いつでもボクはここにいるよ。

まるでそんな言葉が聞こえてきそう。

長く愛される家具をつくりたい…そんな想いから生まれたのが「アニマルスツール」。

150103ECanimalstool1

ふさふさの座面にしっぽが付いたその姿は、まるで本物の動物がそこにいるかのよう。

可愛いらしいだけでなく、存在感もあります。

150103ECanimalstool2

注目すべきは、さまざまな家具を手掛けてきた職人さんだからこそ出せる「脚」の曲線。とても柔らかでぬくもりのある雰囲気をだしています。

さらに、組み木で爪先や爪が表現されているというこだわり。

耐荷重性は約200㎏。子どもはもちろん、大人が座っても大丈夫ですね。

150103ECanimalstool3

リビングでオットマンとして、玄関先でブーツや靴を履いたりするときに使ったり…。

いや、もうそこにいてくれるだけでもよいのかもしれません。

150103ECanimalstool

優しい雰囲気の家具は、まさに家族と同じ。

いつでもどこでも、キミと一緒。これからもずっと。



商品をセレクトした蔦屋のコンシェルジュ・佐久間さんのコメントがこちら。


「引っ越しても、引っ越しても、引っ越しても…必ず連れて行くような愛犬のように、長く愛したいものです。」



購入は、こちらからどうぞ。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense