SHARE

page_title_2

2015年1月13日〜2月25日 代官山 蔦屋書店にて、ルーミーフェアを開催。フェアを彩るアイテムをご紹介します。
※2015年2月末に終了しました

翼を持って飛び回れたら気持ちいいんだろうな。

ソーラーオーニソプター」は、羽をはばたかせ、まるで生きているかのように旋回運動をするオーナメントです。

オーニソプターとは鳥や昆虫のように翼をはばたかせて飛行する航空機のこと。古くはレオナルド・ダ・ヴィンチの設計図にも描かれたとも言われています。太陽電池を積んでいるからソーラーオーニソプター。光を運動エネルギーに変えて、もくもくと旋回します。

ソーラー式なのでケーブルいらず。光が注ぐ場所であれば、お部屋のどこにでも置いておけますね。

1225_solarornithopter04

また本体は振り子運動の静音設計。休日にふと訪れるスキマのような時間にぼんやり眺めていたいものです。

1225_solarornithopter03 1225_solarornithopter02

モデルは2種類。羽を上下にはばたかせてヒラヒラと舞うシャープなフォルムの「kaku」(鳥形)と、羽を左右に動かしてゆらゆら泳ぐ優雅なフォルムの「enn」(魚型)です。

1225_solarornithopter07

W160 × D50 × H150mmと、大きさも割とコンパクト。窓際に観葉植物と飾っておくと金属のシャビーな雰囲気が引き立ちます。

1225_solarornithopter05

ステンレスと真鍮、ポリカーボネートから成るパーツは、東京の街工場の職人さんによって生み出されています。

シンプルで無機質な金属をメインに使うことで、より一層、旋回する動きを感じやすくしたとのこと。

1225_solarornithopter06

メカニックな要素もあるので、男性へのギフトとしても喜ばれそうですね。



商品をセレクトした蔦屋のコンシェルジュ・佐久間さんのコメントがこちら。

「明るいときは元気にはばたき、暗くなるとおとなしくなる様子は、まるで生き物のよう。無機質なでシンプルな機構でありながら、特別な存在感(ペットにちかいかもしれません)で、空間を和ませてくれます。」

こちら少量不定期生産となっているので、詳細のご確認はこちらからどうぞ。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense