カラフルな細長いブロックを組み立てることで、小さな畑を作ることが可能になる…。なんとも楽しいアイディアですね。

この「Garden Block」は、ポートランド市の25マイル(約40km)以内にある企業とのコラボレーションによって生産されています。

20141008_garden_Block_3

「Garden Block」は、素材の80%にリサイクル樹脂を使用。環境への配慮とともに、このブロックを触る人のことも考えて作られています。

自分で好きな色を組み合わせて形を作るので、オリジナリティのあるスモールガーデンが楽しめます。とっても軽いので、女の子でも1人で簡単にブロックが組み立てられますね。

20141008_garden_Block_4

段ボールの中を開けると、カラフルなブロックが入っています。

他にも単色カラーのみのバリエーションもあり。

20141008_garden_Block_2

好きな形に組み合わせたら、スモールガーデンづくりを楽しめます。

DIYが盛んなポートランドからやってきたこのブロック。地域とのコミュニケーションを大切にしたり、環境に配慮したものづくりは、今後世界中で広がっていきそうですね。

詳細は、こちらから。

「食の知的冒険」を楽しもうよ、というコンセプトで、世界中から家庭菜園の情報を集め、ウェブマガジンを通して発信している「おうち菜園」というサイトでも販売されています。こちらには開発者マットさんの開発ストーリーが載っていますよ!

デザインもサイズも自由自在。ブロックで始める菜園[マイロハス]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense