SHARE

マフラーとかセーターとか。

141223knit01

冬の編み物と言えば、愛情込めた贈り物に選ばれるもののひとつかもしれませんが、果たして編み物でどれほど大きいものが作れるのか。

141223knit06

クローシェ編み(かぎ針編み)アーティストToshiko Horiuchi MacAdamさんによるニットのプレイグラウンドを見たら、まるで限界なんてないんだってことを思い知らされてしまいます…。

141223knit05
141223knit04
141223knit03

1990年代の半ばに子供たちの何気ない要望から、登って遊べるニットを思い付いた彼女。数年後にはこの巨大なクローシェ・プレイグランドを、何とハンドメイドしてしまっているのでした。

141223knit02

現在は、実際に子供たちが中に入って遊ぶことが出来る造形作品「ネットの森」として箱根彫刻の森美術館にあります。

セーター何着分になるんだろう…。

Meet the Artist Behind Those Amazing, Hand-Knitted Playgrounds [Archdaily]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense