お疲れ様! おめでとう! 乾杯!

行く年を送り、来る年を迎えるこの時期。きっと、いろんな場所でこんな声が聞こえるに違いありません。

さて、2015年の飲み始めは、チョコビールでいきませんか。

一升瓶ビール、スイーツビールなど個性的なビールを仕掛ける厚木市の地ビール蔵「サンクトガーレン」が、2015年1月9日(金)に発売する「チョコビール」。

141223ECchocobeer2015a

このチョコビール、名前はチョコビールですが、チョコレートを使った甘いビールではありません。ビールの材料のみで造った、ビターなカカオのような風味が特徴なんです。

141223ECchocobeer2015b

通常のビールに使う麦芽は約85度で焙煎されるそうで、その色はきつね色。一方、チョコビールに使われている麦芽は約160度の高温で焙煎され、ベース麦芽が焦げる寸前の状態で、色はダークな茶色。

かじるとほろ苦いビターチョコのような風味がすることから、“チョコレート麦芽”と呼ばれているのだそうです。

このチョコレート麦芽がもたらすダークな色や、カカオのような香ばしい香り。ビターチョコやコーヒーを思わすほろ苦さを最大限に引き出したのがチョコビールです。

現在、サンクトガーレンのサイトで予約販売受付中です。

さて、2015年はどんな1年になるでしょうか。ビールはほろ苦いけれど、甘くて優しい1年になるといいな。

チョコビール [サンクトガーレン]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking