耐衝撃、耐熱、防水性、耐圧性…ハイスペックさにゾクゾクしちゃう。

マルチツールナイフの『ビクトリノックス』が発表した時計『I.N.O.X』は、強靱という言葉がピッタリな腕時計です。時計修理見習いの筆者でも、思わず感嘆の息が出てしまったのでご紹介します。

20141222_victorinox02

六角形のベゼル(ガラス周囲の枠部)が目を引きますね。時計のケースとともに“鍛造”してあります。

鍛造とは鉄の塊を機械で何トンもの力をかけてプレスしたもの。ナイフと同様の製法です。金属を切削したものと比べて、圧力によって金属のなかに空洞が出来にくくなるので、金属がとても硬くなります。

「総重量64トンの戦車に複数回下敷きにする」強度テストにも耐え抜いた強度になっているとのこと。

20141222_victorinox08

ちなみに鍛造されたケースは多少キズがついても、研磨することによってピカピカになります。プレスのための型が必要になるので、時計ブランドでも“鍛造”でケースを製造するブランドは多くはありません。

20141222_victorinox06

オーバースペックと言えば男子のが愛する言葉の一つでもあります。通常の使用では考えにくい耐衝撃テストもクリア。こんな風にコンクリートをぶち抜いてもへっちゃら。

20141222_victorinox07

こだわりは外装だけではありません。文字盤に立体感を出して高級感を出す“植字(インデックスを別パーツにして文字盤にプレスしてくっつける加工)”風に加工もなかなかスゴイです。通常の製法とは異なり、こちらは1枚の鉄盤をプレス成形したものだそうです。かっこいい。

20141222_victorinox03

裏蓋はスクリューバック式で水が浸入しにくい構造に。ストラップもラバーなのでフィット感は良さげです。200メートル防水。

20141222_victorinox05

付属品のシリコン・ナイロンバンパーを付けたところ。エクストリームスポーツに挑む時には付けておきたいですね。

20141222_victorinox04

ムーブメントはスイスのRonda社のクオーツを搭載。直径は43mm。定価は7万2千円(税別)だそうです。

お近くの販売店はコチラから探すことができます。ちょっと大人むけの腕時計をお探しの方はエントリーモデルとしていかがでしょうか。

I.N.O.X [VICTORINOX]
Victorinox Swiss Army INOX Watch Review [A BLOG TO WATCH]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking