212キッチンストアでは、接客が好き、お料理が好き、キッチングッズが好きというスタッフが働いています。

働く理由は一人一人違いますが、ひとつ共通しているのは、接客や料理を通じて生まれる「笑顔」が好きということ。そんなスタッフが思い入れのあるレシピを、エピソードと一緒に紹介します。

第七回目は、212キッチンストア・たまプラーザ店 槇枝 美和子よりお送りします。

20141222_roomie_rool04

「今年のクリスマスも、ママサンタのロールキャベツで祝おう」


12月に入り、寒さも厳しくなってきたある日のこと。

小学校から帰宅した息子がいきなり、「ねぇ、サンタさんって本当はいないの?」と質問してきました。

平静を装ったものの、心の中では「とうとう来ました、この質問…」という感じ。

理由を聞けば、学校で話題になったそうです。半信半疑の真剣な表情の息子。そろそろ気づく頃かなと思っていましたので、正直にサンタクロースの正体を明かしました。

すると、「そうなんだ…」と、とっても小さな声でとポツリ。ショックなんだろうなぁと心配しながら様子を見ていると…。

「ママ、ぼくサンタさんを本当に信じていたから、本当に欲しいものをお願いしてきちゃったよ。今まで高いものとかお願いしちゃったりしてごめんね。」と一言。

予想外の言葉が、胸に染みました。

小学6年生でサンタの存在を疑わないのは幼いな…と思っていましたが、心は成長し、周囲に気遣いをできるようになっていたんですね。

20141222_roomie_rool05

そして、「サンタさんに用意していたクッキーはパパとママが食べていたの?」とまた質問。

我が家では、寒い中来てくれたサンタさんへのお礼の気持ちを込めて、お手紙と一緒にミルクとクッキーを置いていました。

そして、サンタのフリをした私は、24日の夜中にプレゼントを用意し、クッキーも少しかじっておいていたのです。もちろん、その事も正直に話しました。

…という事で、上の子が生まれた時から15年続いた我が家のサンタ劇場は、今年ついに閉幕してしまいました。成長を嬉しく思うと同時に、何だか寂しくなるものですね。

「クリスマスパーティーはいつものようにやろうね。何が食べたい?」と、息子に聞けば、「ロールキャベツ!」とリクエストが。

ごく普通の家庭料理ですが、なぜだか我が家で人気のメニューです。

リクエストのロールキャベツ。今年も、いつまでも、ママサンタが作りますよ。

皆様にも素敵なサンタさんが訪れますように。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ママサンタのロールキャベツ」

【材料】(4人分)

・キャベツ 8枚
・牛豚合挽肉 400g
・玉ねぎ 1個
・卵 1個
・パン粉 大さじ6
・牛乳 大さじ6、
・塩、こしょう、バター、小麦粉 少々
・楊枝 8本

<スープ>

・ブイヨン 4カップ
・トマトケチャップ 2/3カップ
・ウスターソース 大さじ2
・塩 小さじ1
・こしょう 少々
・ローリエ 1枚
・ベーコン 4枚

【作り方】

1. パン粉は牛乳にひたし、玉ねぎはみじん切りしてバターで炒めておく。ベーコンは3センチに切り、キャベツはやわらく茹でて水気をきっておく。

2. ボールに合挽肉を入れ、塩、こしょうをして練る。炒めた玉ねぎ、卵、牛乳にひたしたパン粉を順に加えて更に練る。

3. 茹でておいたキャベツを広げて芯を削ぎ取り、内側に小麦粉を振り、2をのせ形を整える。巻き終わりを楊枝でとめておく。

4. 鍋にブイヨン、ベーコン、ケチャップ、ソース、塩、こしょう、ローリエを入れて煮立たせ、その中に3のロールキャベツを入れ、アクを取りながら5分間中火で沸騰させる。

5. 20分弱火で煮込んでできあがり。


一晩おくと味がしみてもっと美味しくなりますよ。

これまでの想い出レシピはこちらから。
[212 KITCHEN STORE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense