SHARE

鳥を自由に飛ばしてみたいんだ。

世界初、スマートフォンでコントロールできる鳥型ドローン「Bionic Bird」。

100メートルの範囲を飛行可能で、直感的に鳥の飛ぶ方向をコントロールできるというもの。

20141221_bionic_bird2

卵型の充電器の上に鳥をのせて充電するのも可愛らしいですね。12分で充電完了、1回につき10分程度飛行します。

100メートルの範囲を飛ばすには、スマートフォンにBluetooth 4.0が搭載されている必要があります。鳥本体の重さは9グラム以下と非常に軽量、カーボン製の翼で宙を舞う姿は、まるで生き物のようです。

今後は、2015年末までにリモートでサードチャンネルからコントロールできるようにしたり、超遅飛行や飛行パフォーマンスをできるようにしたり。さらに2016年までには、HD Videoカメラを搭載しスマートフォンに撮影映像をストリーミングしたりする開発計画もあり、ただ鳥を飛ばすだけではない実用的な計画もあるようです。

価格は99ドルでプレオーダー中、来年2月に出荷予定です。

詳細は、こちらから。

[Bionic Bird]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense