大晦日の恒例行事といえば「年越しそば」です。

その由来は、そばのように細く長く「長寿」を願うものから、そばが切れやすいことから「悪い運気を断ち切る」という説まで様々あるんだそうです。

熱々のかけそばに大きなエビ天を入れるも良し、ざるでつるつるっと食べるも良し。縁起物でもある「年越しそば」ですが、今年は自分で作ってみません?

141217ECsoba002

おうちで手軽にそばが打てると話題の『そば打ち名人』。トミカで有名な「タカラトミー」からの発売です。

『そば打ちって、すんごく難しいイメージがあるんですが、これで本当に作れるの…?』

作れるかどうかは実際にやってみないとわからない! ということで、「そば打ち名人」を使って人生初のそば打ちに挑戦してみましたよ。

141217ECsoba003

【材料】
・そば粉:120g
・中力粉:80g
・水  :200cc

『そば打ち名人』には、作り方の書かれた説明書とDVDが付属しています。今回はレシピ通りに「四六そば」を作ってみます。

141217ECsoba004

まずは粉を本体に入れてくよくかき混ぜます。

両方の粉が混ざったところで、ふたの凹んだ部分に水を80cc注ぎ入れます。水を入れたら素早くレバーを回す! 説明書によると、1秒間に2〜3回程度。結構な早さなのね!

141217ECsoba005
141217ECsoba006
141217ECsoba008

すると、全体がぼそぼそした感じになってきます。ポイントは、絶対に水をいれすぎないこと

141217ECsoba010

次に、「こねベラ」と呼ばれるものをふたにセットして、だまをさらに大きくしていきます。目安は1〜2cm程度。ゴロゴロとレバーが少し重くなります。

実は、ここの見極めがかなり難しいところ。水分が少ないようであれば、ほんの少しずつ加えていき、写真のような状態になるよう微調整してください。

141217ECsoba011

こんな感じにひとつにまとめたら、ボールに移して手の平でしっかりとこねます。

141217ECsoba013
141217ECsoba014

粘りとツヤがでてきたら、「菊ねり」と呼ばれる方法でそば玉をきれいなボール状にしていきます。

141217ECsoba016

つるんとしたそば玉の完成。

これで2人前なので、次の「のし作業」前に2つに分け、1つはラップをしておきます。

141217ECsoba018

手のひらを使って大まかにのばします。板に打ち粉を忘れずに!

141217ECsoba020
141217ECsoba021

あとはのし棒をころころ転がすだけ。難しいことは何もありませんよ。なぜなら…

141217ECsoba024

板のこの微妙な「段差」のおかげで、生地を均一にのばすことができるんです。

のばした生地は、三つ折りにして「こま板」をセット。三つ折りにするときも「打ち粉」を絶対に忘れないこと。せっかく薄くのばしても切るときにくっついてしまいますよ。

141217ECsoba022

あとは、こま板を少しずつ横にずらしながらそばを切っていきます。

141217ECsoba023141217ECsoba030
141217ECsoba025
141217ECsoba026

生そばの完成です!

ちょっと不格好ですが、これも手づくりの良さ。生地を上手に切るためにも、できるだけ大きな包丁を使うか、包丁の幅より生地が長くならないように。

切ったそばは沸騰したお湯で2分程度ゆでます。流水でぬめりをとり、ざるで水気をしっかりと切れば完成です。

141217ECsoba027

こちらが『そば打ち名人』でつくった人生初の「手打ちそば」です。

よく見ると、そばが短く切れてしまっています。原因は、生地に水分が十分に行き渡っていなかったか、こねる時間が足りなかったか…。とはいえ、打ち立てそばの「味」はまずまずの評判! 弾力もあって、香りもいい。

これで、もしお店のように細く長くできていた…うん、きっと旨いはず!

141217ECsoba029

今回はちょっとだけ失敗となりましたが、だからこそ「次はもっと旨いそばを!」と、ちょっとハマりそうな気もした初の「そば打ち」体験。本格的な道具をそろえなくても、まずはこれで雰囲気を味わうことができますよ。

年末にはみんなで集まって「年越しそば打ちパーティ」なんてのも楽しいかも?

アマゾンでの購入は「コチラ」をどうぞ。

そば打ち名人 [Amazon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking