お料理中、ちょっと目を離しただけだったのに…。そういう時に限って、見事に焦げてしまったりするもの。

でも、もう焦がさない

マサチューセッツ工科大学のエンジニアであり、シェフでもあるHumberto Evansさんが開発したのが、温度や料理手順をスマートフォンやタブレットに表示して、お料理をヘルプしてくれるフライパン「Pantelligent」。

141215ECPantelligent3

Pantelligentは柄の部分にBluetooth LE通信ユニットが内蔵されていて、フライパン内部の温度センサーで感知した情報をスマートフォンに表示します。

141215ECPantelligent2

専用のアプリを立ち上げ、あらかじめ登録されているレシピの中から作りたいものを選ぶと、作り方や材料を表示してくれることはもちろん、お料理中の温度や時間も管理してくれます

お料理のポイントごとに「ひっくり返してください」、「混ぜてください」などと音声で案内してくれますので、その通りにすれば、おいしいお料理ができあがるという訳です。

20141216roomie_salmon_1

画面右側のCurrent Stepに手順が示されています。「サーモンの皮を上にしてフライパンに置いてください」

20141216roomie_salmon_2

時間が経つと…「サーモンをひっくり返してください」と良きタイミングを教えてくれます。

20141216roomie_salmon_3

そうして、ひっくり返すと、

20141216roomie_salon_4

チェックが入り、次の手順へ。

詳しくはこちら。

フライパンとスマートフォンの言うとおりにしていたら、おいしいお料理ができあがる。グッと、お料理のハードルが低くなりそうですね。

現在、海外のクラウドファンディング「KickStarter」で資金調達中ですが、既に目標達成。製品化される日が近そうです。現在は、iOS用のアプリのみとのことですが、製品出荷時にはAndroidにも対応予定とのことです。

ああ、未来がやってきた。

焦がしたり、生焼けなんてことが無くなるのだから!

Pantelligent [KickStarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking