世界中で愛されるブロックのLEGO

その汎用性の高さは驚くべきもので、子供の無邪気な遊びにとどまらず、アーティストの作品の材料として用いられることもしばしば。

先日は、ドイツのある獣医さんがLEGOを利用して動物を助け、このエピソードが話題になっています。

141212tortoise1

ドクター・カルステンの病院に連れてこられたカメのbladeは、成長時の障害のせいで足が弱り、自分の体を支えることができない状態だったそうです。

そこでドクター・カルステンは、息子のLEGOブロックと使い残しの車輪を使って、bladeの体を支える車いすを作りました。

141212tortoise3

ドクターによると、人間には歩行器や車いすを販売するメーカーがあるものの、動物向けにはそういったものがないとのこと。

手近なもので創意工夫する姿勢からは学ぶものがありますね。

141212tortoise2

この車いすのおかげで、bladeは自分の体を自分で動かすことができるようになったといいます。家族も、ひとまず安心でしょうか。

その後、bladeは車いすを使わずに歩けるほどに足腰が強くなったそうです。

Vet Makes Wheelchair From Son’s LEGOs For Disabled Tortoise [boredpanda]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking