SHARE


『シリアル・キラー』という言葉を聞くとなにやら物騒なことを想像してしまいますよね。でもそんな言葉の後ろに『カフェ』とついている…うーん。サウンドだけで聞くと本当に謎なのですが、英語のスペリングを見れば納得いくはず。

Serial…連続という意味を持ち、Serial Killer(連続殺人犯)という言葉によく用いられます。

Cereal…穀物という意味を持ち、朝ごはんに食べるオートミールやコーンフレークという意味で使われています。

この2つの単語、スペリングで見ればまったく違った意味を持つことが分かるのですが発音は全く一緒! 今回ご紹介する『シリアル・キラー・カフェ』の綴りは後者のCerealを専門に取り扱ったカフェなのです。

141211cereal06

ロンドンで最も洗練されたアンダーグラウンドな店が立ち並ぶブリックレーン。この場所にシリアル専門のカフェがオープンしました。世界中から集めた120種類以上のシリアルを取り扱い、シリアルにかけるミルクも13種類、さらにトッピングも20種類の中から選べます。

オープン当日から大盛況でイギリス各メディアもこぞって報道していました。

141211cereal04141211cereal03141211cereal05

オーナーはこの2人。アラン&ギャリー・キーリー兄弟。ちなみに2人は仲良し双子兄弟。ロンドン唯一の猫カフェなどもあるブリックレーンの街並みにぴったりの店内はちょっぴりアメリカンです。ちなみにオープン時間は朝7時から夜10時で、朝ごはんにおやつ、ちょっと軽めの晩御飯としても楽しめるようになっています。

141211cereal02141211cereal01

これからロンドンの観光名所の一つになっていくかもしれませんね。

Cereal Killer Café

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense