天然素材アイテムの生活雑貨が増えるなか、テーブルウェアにも安心&安全なエコな素材をつかったブランドが登場しています。

EcoSoulLife」は、オーストラリア生まれのテーブルウェアブランド。100%天然由来素材をつかっています。Eco(エコ)とSoul(魂)とLife(暮らし)というそのネーミングのとおり、EcoSoulifeの食器は、埋めると「土に還る」のがおおきな特徴です。

20141125_eco1

原料となるのは、竹の繊維、お米の籾殻、コーンスターチ、ヤシの葉などで、それぞれに異なる特性を備えたラインがそろいます。

竹の繊維とコーンスターチを主成分とする「Biodegradable」は、耐熱温度100℃、耐冷温度マイナス20℃の食器洗浄機対応のテーブルウェア。ポップでカラフルなデザインなので、キャンプやピクニックに持っていきたいアイテムです。

優しいナチュラルな風合いが特徴の「Husk」は、主にお米の籾殻からつくられたもの。マイナス30℃から120℃まで対応可能と耐熱&耐冷性にすぐれ、電子レンジ使用もOK。普段づかいで活躍してくれるラインになりそうです。

ヤシの葉をプレスした「Palm Leaf」は、素材感たっぷりなディスポーザブルタイプ。土に埋めると6〜12週間ほどで分解されるので、BBQや野外イベントの際に便利。

そしてもうひとつのディスポーザブルタイプが「Cornstarch」。コーンスターチからつくられれていて、土に埋めると12〜26週間ほどで分解されます。

20141125_eco2

どのラインの食器も、通常の食器と同じように繰り返し使うことを前提につくられています。天然素材なのですこしずつ変化していきますが、風合いの変化も楽しめます。

無駄なゴミを出してしまうことへの罪悪感とキッパリさよならできるのがなによりも嬉しい! まずは、アウトドア用の食器としてEcoSouLifeを使ってみようと思います。

詳細は、こちらから。

EcoSoulLife

カラフルなのにとってもエコ! 土に還るテーブルウェア /(小林繭)[マイロハス]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense