そこにある「何か」。そして、自分のまわりに広がる世界。

ぐるりと見渡すことで、きっとその本来の姿が見えてくることがあるんだ。

東京と台北を拠点に活動する建築・デザイン集団「noiz architects」の一員として活躍する建築家・デザイナーである大野友資さん。360°に開くことで、繊細な3Dの世界が広がる本「360°Book」を製作しました。

その世界の中では見る角度によって、別々のシーンを体験することができ、ぐるりと見渡すとそのストーリーのすべてを知ることができるようになっています。

141210EC360book1

「360°Book Christmas Version」

141210EC360book2
141210EC360book3

「360°Book In a Cheese」

141210EC360book4
2011215_roomie_handcraft

「360°Book Jack and Beanstalk」

141210EC360book6
141210EC360book7

「360°Book Sweet Home」

141210EC360book9
141210EC360book10

「360°Book Jungle Book」

141210EC360book11
141210EC360book12

「360°Book しらゆきひめ」

141210EC360book13
141210EC360book14
141210EC360book15
141210EC360book16

「360°Book Fujiyama」

優しく繊細なデザインの「360°Book」は、1ページずつレザーカッターで裁断しているそう。

二次元から三次元を立ち上げる斬新なアイデアが見事です。

2014年のカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)のデザイン部門、ブックカテゴリーにおいて、入賞にあたるショートリスト選出。

第93回ニューヨークADC(NEW YORK ART DIRECTORS CLUB)アワードの、デザイン部門の「BOOK DESIGN」セクションにてシルバーキューブ賞受賞。

またイギリスのD&AD賞においても、ブランディング部門の「Brand Expression in Print」カテゴリーにて、入賞にあたる「In Book」に選出。

…と「360°Book」(FabCafe Brand Book)の素晴らしさは、世界的にも評価されています。

また、シリーズの中の「Sweet Home」、「In a Cheese」など、360°Bookと同じ仕組みの照明が、ロサンゼルスのartecnica社から販売されているのだそうですよ。幻想的な明かりを楽しむことができそうですね!



本であり、インテリアであり、アートであり、魔法の世界を表現したようでもある。

きっと、ここから新しいアイデアや世界観、価値観が広がっていくに違いない。

ぐるりと見渡すと見えるものがあるんだ。ぐるりと見渡さないと見えないものがあるんだ。

360°Book by 大野友資

All Photo by 大野友資

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense