SHARE

子供の頃、赤い大きな靴下を枕元にぶら下げて、その姿を一目見ようと眠いを目をこすりながら、静かに眠りに落ちたこと。みなさんもきっと一度はあるはず。うーん。僕が頼んだクリスマスプレゼント、あの靴下に入るかなあ。

12月6日はドイツでは聖ニコラウスの日!!ドイツのクリスマス文化特集第三弾。この聖ニコラウスの日、どんな日かご存知ですか?ドイツではもうひとつのクリスマスと言われるような大切な日。その様子を調査してきましたので、ご紹介します。

実際にドイツ人の友人に、聖ニコラウスの日ってどんな日?と聞いたところ「サンタクロースの兄弟みたいな感じ」なのだそう。宗教改革の影響で、クリスマス文化が25日に移ってしまい、ドイツではクリスマス文化が二分されてしまったような状況の様です。

141205nikolaus02

©Gamsjaga / Gemeinfrei

聖ニコラウスの日って?

ドイツでは12月6日のこの聖ニコラウスの日は、もう一つのクリスマスのような日。ドイツでは、プレゼントを貰えるのは本来この日で、クリスマスではなかったのだそう。朝起きると、枕元ではなく、靴、または靴下にお菓子が入っている、という可愛らしいプレゼントが特徴な、聖ニコラウスの日。

聖ニコラウスの日のプレゼントは?

ドイツでは5日の夜に、靴を綺麗に磨いてから。または大きな靴下を用意してから眠りにつくのが習わし。ドイツの”定番のクリスマスを感じられるもの”は、チョコレート、オレンジ、紅茶、シナモン、クルミなど。この聖ニコラウスからの贈り物は、靴の中にこれらのものが入れられるのが定番なんです。

141205nikolaus01

©Bremond

聖ニコラウスって、誰?

聖ニコラウスは、4世紀頃に実在した人物。諸説ありますが、ある説ではサンタクロースの起源となった人物なんだとか。とても慈悲深い司祭で、恵まれない人々を支え続け、街の人々に慕われていたそう。家計に苦しむある3姉妹の様子を知ったニコラウスは、その家の煙突に、お金の入った袋を投げ入れたのだそう。その袋が暖炉横にあった靴(靴下)に入った。というのがこの習わしの起源。聖ニコラウスは司祭杖と金色の本を持ち歩いており、その本には子供の一年間の行いが記されているとされています。その子供が一年間いい子にしてたかどうか、聖ニコラウスはすべてお見通し!そして彼はKnecht Ruprecht(クネヒト・ルプレヒト)と呼ばれる付き人を連れており、もし子供がいい子にしていなかった場合、鞭でおしりを叩いて、袋に詰めて連れて行ってしまう!と伝えられています。

きっと今日、ドイツのご家庭では朝一番、子供の喜ぶ声が響き渡っていることでしょう。

次回第四弾は、ドイツ、ローテンブルグについてお届けします。お楽しみに!

Nikolaustag [wissen.de]
[Weihnachtsmannfreie Zone]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense